風にころがる企業ホーマー

企業法務や経営に関することについて、情報発信していきまーす!

タグ:子育て

先日、珍しくわが家の小学校1年生の長男が、テストの答案用紙やら作文やら宿題やら、先生に採点されたものを僕のところに持ってきました。

半年ほど前に、「宿題がまったく出ていないようですが・・・」と先生から電話がかかってきたことがあったものの、特に宿題をやれと言うこともなく、ただ時々、こうして本人が持ってきたときに、「おお、すごいね!」などと言うくらいのことしか、僕はしてきませんでした。
そうは言っても、学校で習っているレベルのことができているかどうかは、日常の会話の中で確認しているので、「概ねオッケー」と、僕は判断していています。

それよりも今は、本人が夢中になっているサッカーを思う存分楽しめるように、サッカークラブの練習に付き合ったり、休みの日に一緒にサッカーをしたり、サッカーのDVDを買ってきて一緒に観たり、ということを優先しています。


さて、そんな長男が持ってきた採点後のものの一つに作文がありました。
学校で行われたあるイベントについての感想を書くように言われたそうで、288字詰め原稿用紙の3分の2くらいに、長男のヘタクソな字が並んでいました。

その作文には先生の赤字が入っているのですが、題名に[ ]このようなカッコがあることや、行の下に文字が2~3字オーバーして書かれていたりといったところにチェックが入っています。
そして最後に、「作文用紙の使い方を練習しましょうね」というようなことが書いてありました。

僕はそもそも、学校教育というものを大して信用していないので、「またつまらないことを・・・」と内心思いつつ、そのような指導をしなければならない先生も気の毒だよなぁ、と感じていました。

「作文用紙(原稿用紙)の使い方」なんて、「そろばんの使い方」のようなもので、これから生きていくのに、どれほど役に立つものなのか、皆目見当がつきません。
そろばんであればまだ、「暗算がよくできるようになる」というようなこともあるかも知れませんが、原稿用紙の使い方は「知っていても損はないかも知れない」という程度のことではないかと思います。

題名は一段下げて書き、姓と名の間は1マス空けて、名の下も1マス空ける。

誰が決めたか知りませんが、どうしてそのような決まりがあるのかすらよくわかりません。
それよりも作文の内容に目を向けて欲しいものです。


そこで私は、何年か前から時々書いている文章、いや、正確にいうと「ひとさまの詩を原稿用紙に書き写したもの」を長男にみせてやりました。
中原中也や室生犀星、武者小路実篤などの、気に入った詩を「何となく気持ちが落ち着くから」という理由で、原稿用紙に書き写しているものです。
これは以前このBlogでも触れたと思うのですが、作家の原田宗典さんが教えて下さったことを真似てやっているものです。

私の原稿用紙の使い方は、学校で教わるようなルールは無視。
もちろんその基となっている詩にもルールなどありません。
「いいなあ」と感じるか感じないか、です。

私は長男に、「先生は細かいことを言うだろうけど、はいはいと聞いておいて、あとは別に気にすることはない。お父さんなんか学校で作文を誉められたことが一度もないのだ」というような話をしました。

そうすると長男は、「自分も何か書いてみたい」と言い出したので、原稿用紙を一枚渡してやりました。
「何か詩を書き写したい」というので、僕の部屋にあった宮沢賢治詩集の、「雨ニモマケズ」のページをみせてやりました。
この詩は毎朝NHKでやっているにほんごであそぼでも朗読されていたので、ただ「ボー」っと眺めているだけかと思っていましたが、長男も知っていました。
そして旧仮名使いカタカナ交じりの「雨ニモマケズ」を夢中で書き写していました。

書き写すこと30分。こんな感じにできあがりました。
ba7d25e9.jpg


久しぶりに「鏡文字」を書くなど、やや興奮して書いた形跡が見受けられますが、書き終えたあとの自慢げな表情が印象的でした。


さてさてその翌日、僕と長男はたまたま近所の古本屋に行くことになりました。
僕があれこれと「掘り出し物」を抱え込んでいると、長男がこの本をみつけてきました。

雨ニモマケズ にほんごであそぼ雨ニモマケズ にほんごであそぼ
(2005/04/26)
齋藤 孝

商品詳細を見る


ビニールに入っていて中を見ることはできませんでしたが、「本は遠慮なく買っていい」といつも言ってあるので、エイヤっと(300円で)購入しました。

家に帰ってから、「ちょっとお父さんにも見せてくれい」と貸してもらい、パラパラと見てみたのですが、これがなかなかスバラシイ。
詩だけでなく、「生麦生米生卵」といった早口言葉から、「春はあけぼの」の枕草子、果ては落語まで、何とも選ばれている日本語に味わいがある。

そしてページによっては縦に字が書いてあったり、横に書いてあったり、字が躍るように書かれていたりと、実に自由な表現がされています。

db0491e6.jpg


齋藤孝さんが編集をしているだけに、「声に出して読みたい日本語」のような言葉がてんこもりの一冊で、自分の分も一冊欲しくなってしまいました。

そのようなわけで、原稿用紙の使い方よりも言葉の使い方や言葉に対する感性を磨いてあげたいな、と思っている次第です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)
(2004/08)
有島 武郎

商品詳細を見る


この本は高校生の頃に、一度読んだように記憶しています。
その当時の私は学校の授業をマトモに受けることはあまりなく、居眠りをするか本を読むか、ひどい時にはクラスメイトと「UNO」をして遊んだりしていました。

私は学校の授業を熱心に受ける学生ではなかったのですが、本はよく読んでいました。
その頃に何となく手に取った一冊だと思うのですが、今になって読み直してみて初めて、この作品の温かさが心に沁みます。

「小さき者へ」はたった18ページしかない、短い話です。
小説でもエッセーでもなく、いうなれば「わが子に宛てた手紙」のような作品です。
幼い子どもたち3人を遺して死んでしまった妻のことを回想しつつ、わが子への思いを真っ直ぐに表現しているこの作品は、同じく幼い子どもを持つ父親として、強く胸を打たれます。

解説によればこの作品は、「大正6年12月7日の朝から原稿紙に向かい、その夜ふけの2時ごろまでに、一気に書きあげた」ものだそうです。
そのためか、落ち着いた文体の中にも、わが子や妻への溢れんばかりの思いが詰め込まれた作品に仕上がっています。
安っぽい喩えですが、夜中に書いた手紙を翌朝になって読み返し、恥しい気持ちになるような感覚とでも言えばいいのでしょうか。

この作品の解説をすることは、私などにはとてもできるようなことではありません。
ただ、私と同年代のお父さんには(過去に読んだことがあるよ、という方も含めて)是非読んで頂きたいという思いから、少々長いのですが冒頭の段落を引用しておきたいと思います。


お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上がった時、―-その時までお前たちのパパは生きているかいないか、それは分らない事だが ―-父の書き残したものを繰拡げて見る機会があるだろうと思う。その時この小さな書き物もお前たちの眼の前に現れ出るだろう。時はどんどん移って行く。お前たちの父なる私がその時お前たちにどう映るか、それは想像もできない事だ。恐らく私が今ここで、過ぎ去ろうとする時代を嗤い憐れんでいるように、お前たちも私の古臭い心持を嗤い憐れむのかもしれない。私はお前たちのためにそうあらん事を祈っている。お前たちは遠慮なく私を踏台にして、高い遠い所に私を乗越えて進まなければ間違っているのだ。しかしながらお前たちをどんなに深く愛したものがこの世にいるか、あるいはいたかという事実は、永久にお前たちに必要なものだと私は思うのだ。お前たちがこの書き物を読んで、私の思想の未熟で頑固なのを嗤う間にも、私たちの愛はお前たちを暖め、慰め、励まし、人生の可能性をお前たちの心に味覚させずにおかないと私は思っている。だからこの書き物を私はお前たちにあてて書く。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

家族のゆくえ (学芸)家族のゆくえ (学芸)
(2006/02/23)
吉本 隆明

商品詳細を見る


「共同幻想論」で有名な、現代日本を代表する思想家、吉本隆明さんの「家族論」です。
もしかすると「吉本ばななのお父さん」と言ったほうが、ピンとくる方が多いのかも知れません。

本書は「家族論」といっても目次を見て頂ければわかるように、前半は「吉本隆明の子育て論」とでもいうべき内容ですので、肩肘張らずに読むことができます。
というわけで、長いのですが目次を転載します。


序章  家族論の場所
     「家庭の幸福は諸悪のもと」
     <対幻想>としての家族
     家族の基本的な構図
     思い出のなかの家族
     「生涯出生率の低下」を読み解く

第1章 母と子の親和力【乳幼児期】
     母親のこころが刷り込まれる
     漱石、太宰、三島の「こころの傷」
     日本的育児の大切さ
     性格形成の大部分は幼児期までに終わる
     内省的な「自己慰安」が芸術の本源
     考える人が過半数を占めれば、世界は変わる
     胎児・早期教育は大きな間違い

第2章 「遊び」が生活のすべてである【少年少女期】
     柳田国男の設定した「軒遊び」の時期
     遊びが生活のすべてである
     子供といっしょに楽しむ
     良い幼稚園の条件
     子育ての勘どころは二か所のみ
     少年少女の事件は親の問題
     徹底的に付きあうほか道はない
     「プロ教師」には「人格」が見えない
     「いい先生」である必要はない

第3章 性の情操が入ってくる【前思春期・思春期】
     前思春期と性の芽ばえ
     倭建命と折口信夫の関係
     漱石の「こころ」をどう読むか
     「怖い親父」が登場してももう遅い
     父のゲンコツ・母のコツン
     「子育ての節約」はありうる
     ルソーの「性の躓き」
     「性」が本格的に身心に入り込む
     性教育などしないこと

第4章 変容する男女関係【成人期】
     いつでも「親の世代」に変わりうる時期
     広がってきた「性の領域」
     フーコーの同性愛理念
     マルクスとシュンペーターの考え
     家庭内暴力・家族犯罪の凶悪化
     森鷗外の作品「半日」の主題
     漱石夫人に「殺意」はあったか
     いまよりも「女性優位」だった時代
     女性はほんとうに解放されたか
     「二児制」と絵馬
     「性愛」と「家族愛」の矛盾
     「民営化」問題など簡単な話
     わが家は後進的かもしれない
     地域の差は種族の差を超える

第5章 老いとは何か【老年期】
     身体への本格的な関心
     老齢は「衰退」を意味するだけではない
     西欧の偉人たちの嘆き
     「考えていること」と「じっさいの運動」の距離
     七十九歳以降の老齢実感
     生涯の本質

補註  対幻想論

あとがき    



私自身は7歳と4歳の子を持っていることから、第2章が特に興味深かった。
そして著者も次のように「子育ての勘どころ」について述べているので、この「少年少女期」に絞って感想など書いてみたいと思います。


序章でも指摘したように、子育ての勘どころは二か所しかないと考えている。
いちばん重要な時期は胎児期もふくめた「乳幼児期」で、二番目の勘どころはこの「少年少女期」から「前思春期」に至る時期だとおもえる。肝要なのはこの二か所だけで、この時期にだいたい人間の性格の大本のものは決まってしまう。この無意識の性格を動かすことはまずできない、というのがわたしの基本的な考え方だ。そのあとは、それを「超える」意識的な課題になる。



私は「どうして学校に行くのか?」という、以前のエントリなどでも書いていますが、「教育」というのはできる限りオーダーメイドであるべきで、親がどれだけ子供のことを観察し、考えたかが重要なことなのだと思っています。

ちょうど数日前、小学1年生の長男が学校の帰りにおでこを縫うようなケガをして、妻が担任の先生と電話で話をする機会がありました。
その時に担任の先生から、「長男が宿題を7日分提出していない」ことを伝えられたそうです。
その話を聞いてから数日間、私は、「そもそも宿題をする必要があるのか」ということを考えていました。
そんなことを考えるのは馬鹿げているように思う方もいるかも知れませんが、私が観察している限り長男は、「宿題を提出していなくても宿題のテーマはクリアできている」ので、宿題を提出する行為自体にあまり意味はないように思うのです。

とはいえ、先生としてはそこまで生徒一人一人に個別の対応ができるわけもなく、生徒の学習の進捗度合いを知っておく必要もあるでしょう。
そこで長男と話し合った結果、「宿題は先生との約束だから守ろう」という結論に達しました。
お母さんとの約束は「毎朝歯を磨くこと」。
お父さんとの約束は「お父さんが留守のあいだは、お母さんの手伝いをし、妹の面倒を看ること」。
そして宿題は先生との約束だから、先生に提出すること。

「宿題しろ」とか「宿題はするもんだ」と言うほうがずっとラクですが、子供の素朴な「どうして宿題をするのか?」という疑問にも、私なりの回答を考える必要があると思うわけです。
もちろん世の中には「理不尽だけど従わざるを得ない」場合があることも、いずれは知ることになるでしょうが、今はまだ、親子で「ない知恵を絞って考える」時期だと思っています。


さて、著者のいう「少年少女期」というのは、日本の学制でいうと、「小学校へ上がるころから中学生までの時期」になるのですが、「遊びが生活のすべてである」という節に以下のようなことが書かれています。
少し長いのですが引用したいと思います。


親が「勉強しろ」とか「うちへ帰ったらちゃんと机の前に坐れ」というのは余計なことにちがいない。多少、勉強も背負うとすれば、どこか部屋の片隅のほうで教科書を開くとか宿題をするくらいだったら、学校制度と折り合いがつくのではなかろうか。これは早期教育の中心課題におくべき、生涯に影響する問題であるとおもう。本を読むのも遊び、勉強も遊び、というほうがいいとおもう。そういうことであれば、制度だから多少は勉強を背負ってもいいけれども、そのほかの要素を入れるのは邪道だとおもう。これは絶対間違いないと、確信をもってそういえる。わたし自身はご多分にもれず、借財を背負うに似て「遅すぎる」の連続だったとおもっている。
どの家族もたいていその邪道を歩んでいるとおもう。だいたい母親が邪道だし、場合によっては父親だって邪道だとおもう。あるいは小学校の先生も。
小学校の先生は勉強なんか教えなくて、子供たちといっしょになって遊んでいればいい。いちばんいい教育は休み時間にいっしょに遊んで、喧嘩の仕方を教えたりキャッチボールのやり方を生徒に教えてやることだ。絶対それがいちばんいいとおもえる。
要するに、教えないようにして教えることしか身につかないとおもう。自分も遊びながら、生徒も勝手に遊びながら聞いている。わたしはそんな感じで教えてもらいたかった。
少年少女期は生活全体が遊びなのだから、親でも先生でも、もし遊んでやろうというのなら、いっしょになって遊んでしまう。自分も子供たちといっしょになって遊ぶ。それがいちばんいいやり方だ。先生や親にとっては遊んでいる時間は生活の一部だけれども、子供にとっては、この時期、それが全部であり絶対なのだから、そうおもって子供たちに接してもらいたかった。
親の職業によっては、たまに家の手伝いをしている子供もいるかもしれない。学童たちにとっては遊びが生活の全体なのだ。親も先生も「全体」でかまってやらなければ、子供たちに不満が残るとおもう。わたしは自分ができなかったことを述べている。でも、「できもしないくせに」ではないつもりだ。
※強調部分は私によるものです。



上記引用のうち、「本を読むのも遊び、勉強も遊び」とか「教えないようにして教えることしか身につかない」というのは、私の実感としても、きっとそうなのだろうと思っています。
例えばウチの長男が保育園児だった頃、「小学校入学までに平仮名・片仮名を書けるようにしておかないと落ちこぼれる」という話を、妻が友人から聞いてきたことがあります。

そのとき妻は、長男の見事な鏡文字を見て少々不安に思ったようで、「本当に大丈夫なのか」と少し心配していました。
しかし私が観察する限り、長男はその当時「字」というものに自然と興味をもっていて、平仮名・片仮名・アルファベットをごちゃまぜに書いて遊んだりしていました。
例えば「仮面ライダーディケイド」の絵を描いた横には「Dケイど」などと書いてあるのです。
つまり「字」を書きたい気持ちはあるのですね。
それなので必要に応じて、「『かぶと』ってどう書くの?」などと私に聞いてきます。私はその時に「じゃあ特別に教えてあげるけどナイショだよ」などと、少しふざけながら教えていました。
長男は小学校に入学して半年経ちますが、特に「落ちこぼれ」ていることもありません。

その頃の私の、妻に対する答えは、
「自分の知る限り、平仮名が書けなくて落ちこぼれた子は学校にいなかった。もし万が一それが理由で落ちこぼれるようであれば、違う能力を探したほうがいい。平仮名なんて10日も教えれば覚えるよ」
というものでした。

親戚などからも、「毎日少しでも勉強の時間を決めてやらせたほうがいい」と言われたりしていましたが、私は「そんなことをしたら勉強嫌いになりますよ」と笑いながら答えることにしていました。

大人というのはどうも、落ち着いて机に向かい、遊びの時間とそうでない時間をきちんと区別している子供を見ると安心するようなのですね。
その点私は親から、「勉強しろ」と言われたことが全くなかったし、父親に至っては私が入学した高校の名前もしばらく知らないくらいだったので、気楽なものでした(笑)

そのようなわけで、もし私の教育方針が間違っていて、わが子が「どうしようもない大人」になってしまったら、その全責任は私にあるので、私は私の考える「教育」をしていきたいと考えています。


ところで「企業法務について」のkataさんが、以前「寺井先生と僕」というタイトルで、小学生時代の思い出深い先生の話を書いていらっしゃったことがあります。

今回ご紹介した本の中の「『プロ教師』には『人格』が見えない」という節はまさに、寺井先生に対してkataさんが感じていたことを書いているように感じたので、その部分を引用して終わりたいと思います。


先生にとっていちばん大事なことはふだんの「地」を出すことだけだ。自分がふだん何を勉強しているか、ふだん何をやっているか、また性格はどんなふうか、自分の本来の姿を隠さず出せればそれで充分なのだと思う。それが子供たちのもっている印象と合致したとき教育は成立する。
(略)
プロ教師のいちばんいけないところは、そうした「人格」がないのに技術だけが見えてしまうことだ。授業の進め方や教え方はうまいかもしれないけれど、生活の英知の影がない。そこがいちばんの弱点だ。
プロ教師に教われば、たしかに受験勉強がよくできるようになって、いい高校へ入っていい大学へ進めるかもしれない。だけど、そんなのは全然ダメだぜとおもえてならない。そういう教え方がいちばんダメなんだとおもう。そっぽを向いて授業をしてもいいから、自分の地を出して、地の性格のまま子供に接すればそれでいい。それが生涯に残るいちばんいい教育なんだというのが私の理解といえる。
(略)
熱心な先生、そしてそれを熱心に聞く生徒、というのはいつも「見かけ」だけだ。
(略)
先生のほうも、自分の声でいくよ、自分の性格どおり自然にいくよ、と構えればいい。この時期に仮面のかぶり方などを教えられた生徒は生涯を台無しにするに決まっている。
(略)
肝心なのは生涯の問題か瞬間の問題か、ということがいいたいだけだ。そこをちゃんと区別しないといけない。何事であれ、熱心に教えれば子供が乗ってくるかもしれない。だがそれがどうしたというのだ。大事なことはそこにはない。生涯にかかわる問題をもっともっと大事にすることだ。
せっかくの少年少女期は二度と来ない。一生読み返せる作品がいい。瞬間の問題か生涯の問題かというのもそれと同じだ。時期を択ぶべきだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

私の姉と兄は、たいへんな読書家でした。

勉強をしている姿はあまり見たことがなかったのですが、本だけはよく読んでいました。
兄に至っては、高校時代に国体に出場するほど部活動に熱中していたのですが、そんな中でも本だけはよく読んでいたように思います。

私も、姉兄ほどではないものの、勉強はしないけど本はよく読む、という流儀を踏襲していました。

私が本を読むようになったきっかけは今でもはっきりと覚えています。
小学1年生のある日、家に帰ると食卓の上に一冊の本がポツンと置いてありました。
こんや円盤がやってくる 」という小学校低学年向けの文庫本です。

何故そのような本があるのかはわかりませんでしたが、パラパラと眺めているうちに面白くなってきて、結局一人で初めて、本らしい本を読破したのです。
その時に母親が「すごいねぇ」と大袈裟に誉めてくれました。

それ以来「本を読むと誉められる」と思い、次から次に本を買ってもらっては読むようになりました。
大人になってから気付いたのですが、あれは間違いなく母親の策略です(笑)

そのようなわけでわが家では、勉強は強制されないけど本を読むと誉められる、という暗黙の共通認識ができあがっていました。
ちなみにマンガもOKでした。
小さい頃の私の知識はドラえもんから得たものが多かったように思います。


さて、時は流れて、私の息子もこの春に小学生になりました。
私は以前から息子に、私が本を読むようになったエピソードを聞かせていました。
息子はそのエピソードにとても興味を持ち、私が大事にとっていた「こんや円盤がやってくる」を読みたいと言いました。
そこで私は、本人が読めるところまでは自分で読ませて、ところどころ私が読んであげたりということをしました。
それ以来、息子は学校の図書室で本を借りてきたり、本屋で「怪談レストラン」というちょっとコワイ話のシリーズをねだったりするようになりました。
30年前に私の母親が私にしていたことを、いま私が息子にしているのですね。


そうして思うのは、親というものはあまり表立って子供に「あーせい、こーせい」というのではなく、さりげなく子供を誘導することが大切なんだな、ということです。

ほんの数ヶ月前まで保育園のわんぱくグループで思いっきり遊んでいた息子は、小学生になってはじめの半月ほど、学校に行くのがイヤだと言っていました。
じっと座っていることや、慣れない環境に戸惑っていて、感受性の強い息子にとって小学校は苦痛だったようです。
そこで始めの数日は、私が学校の近くまで一緒に歩いて行きました。
その後、息子があまりにトボトボ歩くのを見かねた「隣のおばちゃん」が、一週間ほど一緒に通学してくれました。
しかしこれでは根本的な解決にならんなあ・・・と思っていた私は、家の前を通っている通学中の小学生に声を掛けました。
「おはよう!キミ何年生?」
「1年生・・・」
「そうか!じゃあ、キミは明日から毎朝、ここのインターホンのボタンを押してくれ!一緒に学校に行こうぜ!」
「うん・・・」
交渉成立。

それ以来、毎朝わが家のインターホンが鳴ります。
そして次第に人数が増えてきて、最近では4人くらいが迎えにきます。
息子は意気揚々と学校に行くようになりました。


たぶんこれを読んだ方の中には、「バカじゃねーの!?」とか「過保護だ!」とか感じる方もいらっしゃるのではないかと思います。
でもきっとそんな方も忘れてしまっているだけで、自分が幼かった頃に、気付かないところで親に守られたり導かれたりということが少なからずあったのではないかと思います。
自分が親になって初めて気付くことというのは、確かに多くあるものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ