風にころがる企業ホーマー

企業法務や経営に関することについて、情報発信していきまーす!

カテゴリ: 雑記(としかいいようのないもの)

いやはや、時間が流れるのは実に早いもので、気が付くと8ヵ月ほどBlogを更新していませんでした。

久しぶりにアクセス状況を見てみたところ、頻繁に更新をしていたころの半分以下にPVが落ちているものの、毎日それなりに見にきてくださっている方々がいて、中には「拍手」をクリックしてくださる方もいたりなんかして、何ともありがたく思っています。


せめて年末に「一年の振り返り」のようなものを書こうと思っていたのですが、なぜか正月休みが終わったこの時期に振り返ってみようと思います。
ごく私的な話題ばかりなので、その点ご容赦を。


まずはいくつか活動報告のようなものをご紹介。
前回のエントリで自慢させてもらったのですが、本Blogの記事を、日経新聞の広告に引用して頂いたのが今年の3月のこと。
その前だったか後だったか記憶が定かではないのですが、同じく日経新聞の法務面にインタビュー記事を載せてもらう機会がありました。
企業法務担当者の声ということで匿名ではあったのですが、貴重な経験をさせて頂いて、関係者の皆様に感謝です。
ただ、「そんなことは言ってないんだけどなぁ・・・」という部分があり、もっと正確に理解してもらえるように話をする必要があったのではないか、と反省する内容の記事でしたので、自慢は控えめにしておきます。

また昨年は、某人気法務雑誌に、はじめて実名で記事を書かせて頂きました。
これまた書いているうちに自分のこの一年の勉強不足を思い知り、「いかん、いかん」と、反省することしきりでした。

あとはちょっとしたご縁から、とある大学教授に声をかけて頂き、学術書に13ページほど、経営に関することを書かせて頂きました。
これも実名での執筆だったので、私のことをご存知の方は amazon で検索してみてください!

そのようなわけでこれまで、「何となく匿名で活動してるけど、その気になって調べれば誰だかわかる」というような曖昧なスタンスでいたのですが、少しずつ実名寄りになってきている感じではあります。
まぁ、そんなことはどうでもいいですね。


次に仕事のことをちょびっと。
「風にころがる企業ホーマー」というBlog名のとおり、コロコロと転がりながらいろんなところでいろんな仕事をしてきた私ですが、企業法務というホーム(ダジャレではない)から少しフィールドが拡がり、昨年から管理部門全体をみる立場になりました。
財務・経理、人事、システムなどなど、それぞれに専門知識をもった人材がいるので、実務をバリバリやるわけではないのですが、判断をする必要は当然あるので、知識を深めたいことがてんこ盛りです。

「少しだけ、無理をして生きる」
という城山三郎さんの本がありますが、いつも「ちょっと難しいかなぁ」ということに挑戦してきた私。
今は「かなり、無理をして生きる」になっているような気がしていますが、きっともう少しすると「少しだけ」に落ち着くんじゃないかと思い、頑張っとります。


最後に極めて私的なことを少し。
2月頃だったか父親が脳のトラブルで倒れ、70歳を過ぎて初めて入院し、病院の検査を受けてリハビリをするということがありました。
幸い大事には至らなかったのですが、バイク屋の経営を続けるのはもう難しいだろうということで、両親揃って東京に引越してきました。
私のきょうだいは皆、20年ほど前から両親のもとを離れて暮らし、今は全員東京に住んでいるので、これでようやくまた、家族全員が近くに住むことになったわけです。
15歳、中学卒業と同時に住込みの丁稚奉公に出て、それから60年近く働き続けてきた父親と、一緒に店を支えてきた母親。
3人の子供たちを大学にまで行かせてくれた両親に、これからできる限りの恩返しをしたいと思っています。



そのようなわけで、なんやかんやと慌ただしく過ぎていった一年でしたが、あらためて私にとって大切なことが何かを考える一年でもありました。

感謝の気持ちを忘れないこと。
初心を忘れないこと。

私がいつも大切にしているこの二つのことを、(少し遅れたけど)年始に記しておきたいと思います。


今年はもう少し更新頻度を上げたいと思いますので、今後ともごひいきに!
ではでは。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

「まだ生きてるぜぇ~」というタイトルは、以前にも使ったことがあるように思うのですが、私はまだ生きてます(笑)

さて、ずいぶん更新が滞っておりました。
「最近更新されていませんね」という、たいへんありがたいメールを頂くこともあるので、たまには更新してみようと思いました。

思いましたが、特に何を書こうという考えもなく書き始めたので、仕事の話になるのか、子どもの話になるのか、最近読んだ本の話になるのか、まだわかりません。

そうそう、私の実家は福岡県のバイク屋だということをご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、先日、2012年3月31日をもって、40年の歴史に幕をおろしました。
両親が高齢になり、体力的に厳しい状況が続いていたのですが、父親が体調を崩すなどということもあったため、これを機に店をたたんで東京に引っ越してきてもらうことにしました。
私のきょうだいは全員東京に住んでいますし、ちょうど数日前に兄の家に赤ちゃんが生まれたこともあるので、タイミングも(何となく)いいように感じています。

そのようなわけで店をたたむ手伝いをしたり、実家に置いてきた荷物の数々を整理したりと、東京ー福岡間を往復する機会が増えています。
しかしあらためて思うのですが、「生まれ育ったところ」というものに対する特別な感情はなかなか捨てきれるものではなく、私自身はかれこれ20年ほど東京に住んでいるのですが、「自分は福岡県民」という何となくぼんやりしたこだわりのようなものは、ずっと持ち続けています。それで本籍もずっと福岡においています。

そして最近思うのですが、考えてみると私は子どもの頃から、「ふるさと」をテーマにした歌や詩などにやけに惹かれるところがあったな、と。

うさぎ追いし かの山
こぶな釣りし かの川


で始まる「ふるさと」や、

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの


の「小景異情」、

ふるさとの訛りなつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく


と詠った石川啄木。

あゝ おまへはなにをして来たのだと・・・
吹き来る風が私に云ふ


という中原中也の「帰郷」など。

数え上げればキリがないのですが、私は子どもの頃から「ふるさと」をうたったものに強く惹かれていました。
当然子どもなので、自分が生まれ育ったところを離れるなんてことを考えていたわけではないのですが、何かこう、取り戻せない大切な時間とか、経験や思いと場所のつながりだとか、そんなものからいつか遠く離れていくものだという感覚があったんじゃないかと、今になって思っています。

とはいえ「必要とあらばどこにでも引っ越すぜ!」という気持ちも常に持ち続けているんですけどね。


で、何でしたっけ?
思いつくまま書いてみて、「こんなん誰が読むのよ?」と、若干の疑問を感じつつ、そのままUPしてしまう私でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

本の山積み具合があまりにひどかったので、ここ2~3年、「自室にちょうどいい感じの本棚」をなんとなく探していました。
しかしなかなか思うようなものが見当たらなかったこともあり、今年に入ってからセミオーダーの本棚を注文しました。
そしてやってきたのがこれ。

2b70eabb.jpg

(恥しいので写真はあえて小さめ)

3月の初め頃やってきたのですが、狭い自室の形に合わせてオーダーしたことと、何よりこだわっていた「奥行き」がほどよいので、とても気に入っています。
まだ本の山が3つほどあるので、また近いうちにオーダーしようと思っているのですが、とりあえずは一段落です。


さて私の部屋には、本のほかにもCDとDVDが山のようにあります。
そこにギターが二本あったり、ギター用のアンプがあったり、子供用になってしまったA4ノートPCとその台があったりするので、ゴチャゴチャしていることこの上ない。
そこで、これまで使っていた古くて大きなステレオは思い切って捨ててしまいました。
その替わりに購入したのがこれ。

audio-technica アクティブスピーカー AT-SP92 WHaudio-technica アクティブスピーカー AT-SP92 WH
(2010/05/21)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る


上の本棚の写真の右端、上から二段目にちょこんと置いてあるのが、このスピーカーです(見えるか微妙ですが)。
ご覧の通り、非常に小ぶりです。手のひらサイズです。
そしてこれにiPhoneを繋いで音楽を聴くのですが、BGM程度であれば何の不満もない程度の音質だと思います。
もちろん、人によっては「こんなんじゃダメだ」という方もいらっしゃるでしょうが、そこまで音にこだわらない方であれば、予想以上の音質に驚くのではないかと思います。


そんなこんなで、「書斎」といえるほど立派なものではないですが、自室が少しずつ快適なスペースになってきています。
この部屋で椅子に座って本を読んだりPCに向かったりする時間が、今ではとても気持ちの良い時間になっています。

とはいえ、なかなかそんな時間もないんですけどね(笑)


今日は超私的な空間のご紹介でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

東京もようやく、昨夜あたりから過ごしやすくなってきました。
夏も終わりですね。

夏の終わりに合わせるように、わが家の愛車のバッテリーも本日ご臨終と相成りました。
すみません。また企業法務と全く関係のない話題です。


今日の夕方、会社で仕事をしていると、私の携帯電話に妻から着信がありました。
どうせまた「帰りにトイレットペーパーを買ってきて」などという用件であろうと思い、しばらくは知らん振りで仕事を続けていました。
しかしあまりに何度もかかってくるので「はいよ!」と電話に出てみると、「クルマが動かないから助けてくれ」というエマージェンシーコールでした。

どうやら長女を保育園に迎えに行き、そのまま長男を学童保育に迎えに行ったところ、学童保育所の前の路上でクルマが動かなくなってしまったようです。
妻の話を聞く限り、バッテリー上がりかオルタネーター(発電機ですね)の故障のようでしたが、職場にいる私にできることといえば、「グッドラック!」と心の中でつぶやくことくらいです。
しかしそれではあまりに妻がかわいそうなので、「エアコン、カーナビ、ライトを全部消して、アクセルを2回踏んでからエンジンをかけてみたまえ」と伝えました。
しかしクルマはウンともスンとも言わないようです。

ところでわが家は2年ほど前からソニー損保に加入しており、クルマが故障した場合には無料ロードサービスを受けられます。
とはいえ無料サービスの利用回数には制限があるため、近所でバッテリーが上がった程度で利用するのはどうも勿体ないように思いました。
そこで私は、「『故障中。何かあれば学童保育へ』と貼り紙をしていったん帰宅したまえ」と妻に伝え、私が現地に向かうことにしました。

一般的にバッテリーの寿命は2年から3年と言われていますが、思えばわが家の愛車のバッテリーは4年ほど前から使っており、「そろそろスペアを準備しておかなくては」と思っていた矢先のことでした。

さていったん家に帰り、お隣のSさん(同年代のお父さん)が在宅であることを確認したところで、「悪いけどジャンピングしたいからクルマを貸してください」とお願いし、Sさんとウチの長女と3人で現地に向かいました。

ほどなくして現地に到着し、学童保育所の前に淋しそうに停まっている愛車のボンネットを開け、お隣さんの愛車のボンネットを開け、ブースターケーブルを接続します。

せっかくなので、企業法務Blogとして果たして「あり」なのかどうかわかりませんが、いわゆる「ジャンピング」の方法について、少し詳しく書いておきます。
いざという時に必ず役に立ちます。


①動かない方のクルマのバッテリーの+端子に、赤いブースターケーブルの一方を接続します。
②動く方のクルマの+端子に、赤いブースターケーブルのもう一方を接続します。
③動く方のクルマの-端子に、黒い(青いこともある)ブースターケーブルの一方を接続します。
④動かない方のクルマのエンジンブロックなど鉄の部分に、黒いブースターケーブルのもう一方を接続します。
⑤動く方のクルマのエンジンを少しふかしながら、動かない方のクルマのエンジンをかけてみます。
⑥それでもエンジンがかからないようであれば、動かない方のクルマのエンジンブロックに接続していた黒いブースターケーブルを、バッテリーの-端子に接続し直して、エンジンをかけてみます。



以上で、たいていの場合はエンジンがかかります。
とはいえ、一度エンジンを切ってしまうと元の木阿弥ですので、これはあくまで応急処置です。
が、バッテリーがご臨終になった場合には非常に有用なので、クルマにブースターケーブルを常備しておくことをお奨めしておきたいと思います。


さて、快く手伝ってくれたお隣さんには、昨日わが家に届いた「北海道の野菜詰め合わせ」をお礼の言葉とともにおすそ分けし、私は長女と2人でイエローハットに向かいました。
予めバッテリーの在庫があることを確認しておいたのですね。

バッテリー1個で29,000円。
アメ車のバッテリーは少々値がはります。
とはいえ、在庫があること自体珍しいのでとても助かりました。

バッテリー購入後、
「バッテリー交換なんて、朝飯前だぜ!」
とばかりに自分で交換作業を始めたのですが、いやはやわが家のクルマのメンテナンス性の悪いこと。
以前、フロントのウインカーを交換するのに、フロントグリルを全部外す必要があることに驚いたり、ブレーキランプを交換するのに、リアゲートを外す必要があることに驚いたりしていたのですが、たかがバッテリーを交換するのに、こうも手間取るとは思いませんでした。

あっちこっち思いもよらぬところがネジで留められていて、それがしかも奥深いところなので工具が入らない。
おまけにそんなことをウダウダとやっているうちに、短パン・ビーサンでむき出しの足を蚊に刺されるわ、長女はおしっこを漏らしそうになるわで、もう大変。
結局40分近くもかかってしまいました。

こんなことであればはじめから、ソニー損保のロードサービスを使えばよかったと若干反省しました。
とはいえ、たまにはクルマをイジるのも楽しいものではあります。洗車は大嫌いなので一切しませんが。

そんなわが家の愛車も今年の11月に車検です。
もうしばらくはメンテナンスをしながら大事に乗りたいなあ、と思う秋の夜でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

日曜日の朝から埼玉県某所で親戚一同が集結する用事があるため、前日の土曜日から埼玉県内のホテルに泊まっています。

今回の「用事」というのは朝10時から開始されるのですが、
「子供がいると時間に遅れる法則」
というものがありまして、これは例えば、「朝起きない」だとか、高速道路で「おしっこしたい!」と突然言い出すだとか、基本的に本能的・生理的なものに左右されるものですので、いかんともしがたい部分があります。
もしかするとわが家の子供たちに問題があるのかも知れませんが、おそらくはどこのお子さんも似たりよったりなのではないかと思っています。

そのため、遅れてはいけない用事に子供連れで行く場合、
①思い切り早く出発する
②できるだけ近くで待機しておく
③やはり行かないことにする

というような対策をとっておく必要があります。

今回は②、「できるだけ近くで待機しておく」という対策をとり、親戚集結地近くのホテルに泊まっているわけです。


どうしてこういつも前置きが長くなってしまうのか、自分でもさっぱりわからないのですが、つまり今わたしは、埼玉県内のホテルの部屋にいるわけです。

さて昨夜は夕食後、家族4人でホテルの近くを歩いてみました。
すぐ近くに割と大きな駅があるので、駅前には飲食店やデパートが立ち並んでいます。
私の目についたのは本屋。
少なくとも大手チェーンではない様子の聞いたこともない名前の本屋ですが、駅前の一等地にドーンと店舗を構えているので、「どんな品揃えかな」と見に行ってみました。

これがなかなかユニークな本屋でした。
場所が場所だけに、「法律書」と書かれたコーナーには六法が4冊と「すぐわかる!離婚の手続き」というような本が数冊だけという散々な有様でしたが、なぜか写真集の品揃えが素晴らしい。

私は自分で写真を撮る趣味はないのですが、写真集を眺めるのは好きで、自室をはじめリビングや寝室など、いつでも手に取れるようなところにいくつかの写真集を置いています。
昨夜みつけた本屋は、大手出版社が出している写真集は少しだけで、PIE BOOKSという出版社の写真集が大量に揃っていました。
この出版社の出している写真集が素晴らしい。

ぱらぱらといくつかめくってみたのですが、「これは欲しい!」というものがたくさんありました。
例えばこれ。
世界の教会世界の教会
(2009/11)
ピーピーエス通信社

商品詳細を見る


世界中の教会の写真が載っているのですが、カトリックらしい歴史と権威を感じさせる立派な教会から、アフリカの国かどこかのワラで作った小さな教会、高い高い崖のてっぺんに建っている教会まで、美しい写真がたくさん並んでいます。


ほかにもこんなのとか、
世界の家世界の家
(2006/11/09)
ベルンハルトM.シュミッド

商品詳細を見る



こんなのとか、
空へ続く道空へ続く道
(2010/03)
HABU

商品詳細を見る


心が穏やかになるような写真や、ワクワクして旅に出たくなるような写真や、イマジネーションをかきたてられるような写真が盛りだくさんでした。

私は本を買うとき、6:4くらいの比率でリアル書店を多く利用しているのですが、超大型店でなくても品揃えのユニークな本屋というのは、意外な出会いがあって面白いものです。
逆に、中規模な本屋で流行りの本だけしか置いていないようなところは、全く面白みがないですね。
このような中規模な店舗では、レコメンドがどれだけ「イケてる」か、が勝負の分かれ目ではないかと思います。

そのようなわけで、埼玉県のとある本屋で、面白い本と出会えた一日でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ