風にころがる企業ホーマー

企業法務や経営に関することについて、情報発信していきまーす!

カテゴリ: 雑記(やや真剣)

「東北地方太平洋沖地震」と命名された3月11日の大地震から、もうすぐ丸2日が経とうとしています。
今はマスコミもWebの世界も、この大震災の話題で溢れかえっています。

この2日間、twitter でもやはり大震災の話題がほとんどで、大震災と関係のないことをつぶやいている弁護士さんを非難する人など、やや過剰に反応されている方々も見受けられます。
とはいえ、最も被害の大きな地方にいる方にとって、twitter は貴重な情報源ともなっているようですので、そのような方のTLを邪魔しないためにも、私としては「いつもの無益なつぶやき」は控えるようにしています。

ところで今朝私は、朝早く目が覚めて、twitter をぼんやりと眺めていました。
そうしたところどこかの大学生の方の、「お金がないから募金ができない。被災地に行っても邪魔になるだけだろうし・・・」 概ねこのような趣旨のつぶやきを目にしました。
おそらくそんなもどかしい思いをしている学生さんは、ほかにもたくさんいるのだと思います。
でもそんなに焦ったり、ましてや罪悪感を感じることなどありません。
「欲がない」「草食系」「物に恵まれて育ったから云々・・・」などと、とかく悪くいわれる若者ですが、年寄りの雑言などに惑わされることはありません。私だって、そしてもっと上の世代の人だって、いつの時代も「今の若者は・・・」と言われ続けているのですから。
そんな中、「自分にできることは何だろう」と考えて無力感に陥ってしまっているだけでも立派なもんです。私はそう思います。

さて、そんな学生さんや若者たち。つまりこれから世界を動かしていく世代の方々にとって、僅かながらでも参考になればと思い、このエントリを書いています。
私がこれまでに経験した、幾つかの「大きなトラブル」。これらは今回の震災に比べれば全くと言っていいほど小さなトラブルではありますが、そのような経験から、日頃感じていたことを一つだけ伝えたいと思っています。

それは、
「頼りになる人間かどうかは、トラブルのときにこそよく見える」
ということです。

今は何もできなくても、よく観察しておいてください。
今回のような大きなトラブルが起きた際、

1.的確な判断
2.素早い決断
3.行動


これらを行える人が人を引っ張っていきますし、逆にいえば、頼りになる人というのはこれらの行動をとっています。
また、普段はこのような行動がとれる人でも、トラブルの最中ではそうもいかないことがよくあります。
一方で、普段は力を発揮することができずに悶々としていた人が、トラブルが起きたときにこのような行動をとることもあります。
そしてトラブルの最中にむやみに人を批判したり、徒に不安を煽るような発言を繰り返すだけのような人は、信頼するに全く値しません。


これから日本や世界のリーダーになる方たち、別に社会的な権威や権力をもつ人だけがリーダーというわけではありません。
小さな会社の経営者であったり、肩書はなくとも会社で人を引っ張っていったり、地域のおじさんの集まりの世話人であったり・・・
どんな形であれ、これからリーダーとして社会を引っ張っていく若い方たちは、いまは何もできなくてもどかしい思いをしているかも知れません。
しかし、今回の震災に対する大人たちの対応をよく観察して理解し、これからの社会をリードしていけるように準備をしておいてほしいと思います。


以上、小さな会社で小さな組織を引っ張っているに過ぎない30代半ばのおっさんのつまらないアドバイスですが、若い方々にとって何らかの参考になれば幸いです。


まだまだ被害は収まる様子がありませんが、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、少しでも多くの人の命が守られ、心穏やかに過ごせるようになることを心から願っています。
そして震災の影響を受けていなかったり、影響が小さかったりという方々は、できる限り「いつもどおりの生活」を続けてほしいと思います。実際には、いつもと変わらず仕事をしている人たちがほとんどです(わが家にも先ほど新しいテレビが予定通り運ばれてきました)。

最後に、(またしてもですが)武者小路実篤の詩を引用して終わりたいと思います。
私を含めた「おっさん以上」の人たちは、このような心持ちで若い人に接するべきだという自戒の念をこめて。


遠大な志をもち
思慮深くして
鐡の如き意志を有し
しかも快活にして
朗らかな心をもつ
新しく生れた種族よ
自分は君たちのくるのを
待っていた
祝福をおくる


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

今日は、私の尊敬する方で、「この方には一生アタマが上がらない」という方に、

「hiroさんのメールは長いので、書いている時間がもったいないですよ」

と指摘されました。

「今回のような場合には、メールでは簡単に用件を伝えて、会った時とか電話なんかで話した方が効率がいいですよ」とも。

私としては「その方の貴重な時間を奪っては申し訳ない」という気持ちと、「より正確に伝えたい」という気持ちから、長いメールを書いていたのです。
ですので何となく違和感を感じながらも、「いやいや確かにそうですね。ごめんなさい」とその場ではお答えしました。


でも後になってもう一度よく考えてみました。
「時間がもったいない」
「効率が悪い」
この言葉がとても引っ掛かっていたのです。


そしてしばらくして、ようやくその方の助言が腹に落ちました。

「今までの自分のやり方は、単なるスピードアップだった」
ということに気付いたのです。

というのも、私はこと仕事においては、時間管理をきちんとしているつもりでいました。
そして「やる必要のないこと」は可能な限り排除しているつもりでした。
つまり「効率をしっかり考えて仕事をしている」と思っていたわけです。

だから「ほとんど残業もなく、それなりの結果もきちんと残している」と、少し自分自身を過大評価していました。

しかしそれが単なる思い込みだということにハタと気づいて、頭を殴られたようなショックを受けたのです。


もちろん「ちょっとした時間短縮法」(≒スピードアップ)の有用性は否定しません。
また、緊急度合いを横軸に、重要度合いを縦軸にしたよく見るマトリックスを頭に浮かべつつ、「今やるべきことと、今やるべきでないこと」を考えたりもしていました。

だけど仕事で最もよく使うメールに関して、「一球入魂」とばかりに、長文化してしまう傾向があることには気付きませんでした。
振り返ってみるとメールで、取締役会資料や重要な報告書のような若干クドい書き方をしていることがあります。
とはいえ、「メールで全てを完結する必要がある場合」というのもあるので、そこは使い分けが必要でしょうが、むやみやたらと、長文を書いてしまうのは時間の無駄だな、と気付いた次第です。

さらにいえば、これは一つの象徴的な傾向で、ほかにも「時間のムダ」が多くある気がしてきました。
質の高い仕事を継続的に行うには、本当に時間をかけるべきところと、そうでないところをはっきりさせることが必要だ、ということにあらためて気付かされたのです。
そのようなことをバシッっと言ってくださる方というのも、会社内で立場が上がるにしたがってなかなかいなくなってしまうので、今日のような助言を下さる方は本当にありがたいなぁ、と感謝しているところです。

忙しくなるととかく目の前の仕事をやっつけることに気が急かされてしまい、深く考えることなく余計な仕事までしてしまって、さらに忙しくなる、という悪循環にハマってしまいがちです。
そのようなわけで、自分の時間の使い方については、定期的に見直す必要があると思ったので、忘れないようにここに書いておこうと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

私の知り合いが仕事上のストレスから体調を崩しています。

それは主に上司の心無い言葉の数々が原因なのですが、彼女は私と違ってとても「忍耐強い」ので、何を言われても自分の中で消化してきたんですね。

そして年に何度かは消化不良を起こし、精神的に参ってしまうという状況のようでした。

私は以前から彼女に転職を勧めていたのですが、「子持ちなので時間短縮」という条件で正社員を雇ってくれる会社というのも、そう多くないのは目に見えています。
私は、雇用形態に関係なく少しゆったり働くことを提案していたのですが、就職氷河期に苦労して正社員になった彼女には、なかなか思い切りがつかなかったようです。
そんなわけで彼女は、時々体調を崩しながらも何とか仕事を続けていました。


彼女はもともとアトピー性皮膚炎で、ステロイドを子供の頃から塗ってきたおかげで、ステロイドをやめてからの数年間は副作用に相当苦しんだようです。
今でも精神的にキツくなると、足や手などを血が出るまで掻いてしまうとのことです。

そして今回は、精神的なものと痒みとが両方襲ってきたので、とても仕事どころではないようです。
本人は「今は忙しいから休めない」と言っていましたが、どうしても会社に行くことができずに、結局は休みをとることになったとのことです。


ところで私は職場で「社内相談窓口」もやっています。
ですので、相談する側の不安、例えば「話が大きくなってしまうのではないか」「匿名性は保たれるのか」「窓口は会社側に立つのではないか」などを経験として知っています。
「会社で働き続けたいと考えている人をいかにケアしてあがられるか」
これはなかなか難しいことではあるのですが、会社のためにも重要なことだと感じています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

血液型で人の性格を判断するのはやめようよ。

これは僕が中高生の頃から一貫して思い続けていることです。

「人間がたったの4種類に分けられるわけがない」
「血液型で性格診断をするのは日本人くらいだ」

こんな言葉で、血液型によって人を判断することの滑稽さを主張する人もいます。
僕も確かにそう思います。

特に、尊敬する人や信頼する人が「あいつはB型だから」とか、「君は何型?」などと話すのを聞くと、本当にガッカリします。
こういうことを言うと、「信じてはいないけど、話のネタとして・・」だとか、「信じてはいないけど、多少の傾向はあるよね」などと答える人もいます。

今朝、twitter上で、「ある職業にはB型が多い」という話題がありました。
僕は口を挟みたくなりましたが、そういうところで口を挟んで人間関係を悪くしてきたこともあるので、ただ眺めるだけにしました。
さすがに「B型はその『ある職業』になりやすい性格だ」などという極端な論調ではなかったのですが、「幼いときから『B型は個性的だ』という刷り込みがあるので、個性的な人になりやすいのではないか、(だからそのような職業を目指すのではないか)」というような話の流れでした。

しかしこれも僕にとっては50歩100歩の話で、そもそもその職業の方たちの血液型をどうやって調べたのか知らないけど、血液型がB型であることとその職業に就くことには何の因果関係もないでしょう。
もし仮に、正確な血液型の調査がなされていて、確かにB型の人が多いという相関関係が認められたとしても、そこに因果関係はないでしょう。

このようなことを言うと鬱陶しがられるので、誰かが血液型の話を始めても、たいてい僕は黙って聞いていますが、血液型で人のことをわかったように決めつけるのはやはり差別だと思うんですよね。


辻仁成が1991年に書いて1992年に出版した「ガラスの天井」というエッセイ集を読んで、当時大学生だった僕は安心しました。これこそ僕が感じていることだ、と。

少し長いのですが引用します。


詩人のA氏が突然スタッフの一人に向かって、あなたの血液型は何型?と切り出した。僕はその瞬間、いつも感じるあの耐えられない嫌悪感をまた感じてしまったのだ。場は非常に和んでいて、申し訳ないとは思ったのだが、僕はやはりあえてその問いかけに文句を言ってしまった。
「血液型で人を区別するのは、やめようよ」
(中略)
「国籍で人を区別するのか」とか、体の不自由な人々のことにまで話は拡大していき、興奮した僕は、A氏のことをファシスト!と叫んでしまったのである。
(中略)
一体、この国はどうなっているのだろう、どうしても他人を何かのパターンに押し込めないと気がすまないのであろうか。それはたぶん、他者に対して自由ではないからに違いない。
フランスに行った時に、ちょっと驚いた経験をしたことがある。日本では、自分のことを自らOLだとか、サラリーマンだとか位置づけするが、彼らは決して自分を会社員、OL、主婦などという代名詞でくくらないのである。他人と同一化されることを極端に嫌う国民性ゆえかもしれない。確かにあの国には、個人主義が根づいている。
坂本竜馬のごとく男らしく、とか、女は大和撫子みたいにおしとやかになどと、男女の性を分けるのもまたおかしな話だと思うのだが、男らしさ、女らしさという言葉は、人間らしさという言葉の前には及びもしないのである。
しかし、実際は、そんなことを気にしている人達は非常に少ない。女性雑誌をめくれば必ず、血液型の性格判断という奴が載っているし、日本人の多くが、その尺度を最初の第一印象にすえる場合が増えているのも現状だ。
かの詩人のA氏ほどの人でさえそうなのだから、この傾向はこの幼稚な国ではなくなろうはずがない。
僕はいつまでたっても、O型の辻です、と言い続けなければならないか、もしくは席を立ち続けることになるのだろう。あなたの血液型は何型ですか?というたわいもない質問でさえ、その裏側に潜む個人主義への侵食は見逃せない。
人間のパターンは、人間の数だけ存在するはずだし、地球はそれら無数の個性で成り立っていることを忘れたくない。
相手を、もしくは他者を、それらのパターンから解放してあげる時に、信頼関係の新しい一歩が生まれるような気もする。




僕も学生時代「銀行員や公務員にはなりたくない。大企業も嫌いだ」などと、非常にステレオタイプな物の見方をしていた時期があり、今でも気付くと他者をステレオタイプに見てしまっていることもあります。
でもせめて、そんな自分自身の「ステレオタイプな物の見方」には敏感でありたいと、常々思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

「彼」とはまだ会ったことはない。

Web上で知り合い、PCのモニターに写し出される文字を通してしか、僕は彼のことを知らない。
でも僕は彼の文章を読んで、彼の優しさやユーモアや聡明さというものを知っている。
そしてきっと、彼と僕とはとても気が合うと信じている。
会ったことはまだないけれど、生涯の親友になれるんじゃないかと勝手に思っている。


ところで彼の父親が重い病気であることは、以前、彼の文章を読んで知っていた。
その時に、彼の、父親に対する思いに触れて、とても感動したことを覚えている。


ここしばらく、彼の文章がWeb上に現れることがなかった。
「もしかして・・・」と思うこともあったが、彼を直接知る人に聞いたところ、彼はとても忙しい身だという話だったので、それで納得していた。


今日の夜、Web上に久しぶりに彼が帰ってきていることに気付いた。
そして彼の父親が亡くなったということを知った。

彼はきっと、よく知りもしない人になぐさめの言葉を掛けられることを望んではいないと思う。
僕が彼の立場だとしても、やはりそれは同じだろう。

だから僕は、このことに触れることをとても迷った。
でも、僕は少しでも彼の力になりたいと思っている。
もしかすると、触れないことが彼の望むことかも知れない。
ただ、親しい友人の身内に何かあったとき、何の役に立てなくても、せめて自分の気持ちを伝えることくらいはしたい。
そう思って、今、この文章を書いている。



幼い頃僕は、とても父親を嫌っていた。
その頃の僕にとっては、母親が全てであり、母親を守ることが僕の役目だと思っていた。

18歳になって僕が東京に出てきた時、3人の兄弟全員が地元を離れてしまったことから、母親は精神的に少し不安定になっていたと思う。
しかし大学生時代の僕は、母親から電話がかかってくるのが疎ましく、いつも面倒くさそうに電話を切っていた。就職の時にも母親からの助言に一切耳を貸すことはなかった。

そして僕が社会人になって2年目の頃だったと思う。
ある日父親から電話があり、母親が入院して大きな手術を受けていた、ということを聞いた。
母親は、子供に心配をかけたくないから一切連絡をしないように、と父親に言っていたそうだが、父親も少し心細くなったのか、手術後ではあったが、僕たち兄弟に電話をしてきた。
僕はすぐに実家に飛んで帰った。
疎ましく思ったりする時期もあったが、それでもやはり僕にとって最も大事な存在は母親だった。
何度か道を踏み外しそうになった時にもなんとか道を外れずにやってこれたのは、母親が注いでくれた愛情を裏切ることだけはできないという思いがあったからだ。

入院している母親の見舞いに行った後、父親と(たぶん初めて)二人で酒を飲んだ。
ほとんど何も話さなかったように思う。黙々と刺身をつつきながら酒を飲んだ。

その頃から僕は、大事な人といつ別れの日が来ても後悔しないように、自分の気持ちをできるだけ相手に伝え、自分ができる限りのことをするようになった。
正確に言うと、幼い頃からそういう気持ちはあったのだが、よりその気持ちが強くなった。
両親を初めての海外旅行に連れて行ったのも、そんな気持ちからだ。

今、僕は毎朝、保育園に子供たちを送るとき、抱きしめてキスをしてから別れる。よその親から見たら少し奇妙に思えるかも知れない。長男は周りの目を気にする年頃になってきているので、友達の手前、少し恥ずかしそうだ。
妻と駅で別れるときも、妻が見えなくなるまで見送っている。照れくさいので少ししか手は振らない。
歳をとってすっかり好々爺然としている父親や、相変わらず子供や孫に愛情を注ぎ続ける母親には、忙しくてもこまめに電話をし、できるだけ多くの話をするようにしている。

でも僕はわかっている。
たとえ大事な人に対してきちんと愛情を伝え、自分が今できる限りのことをしていたとしても、いざ別れの日がきたときには、「もっと何かできたはず」「こういうことをしてあげたかった」と、自分のできなかったことを見つけては悔やむものだろうと。



人は、自分が幼い頃自分を育んでくれた家族から離れ、いずれ新しい家族を持つ。
運がよければ最愛の子供を授かることもあるだろう。それは本当に幸いなことだ。
そして少しずつ、幼い頃の家族から新しい家族へと、より大きな愛情を注ぐようになる。
それはきっと別れの準備でもあるのだと思う。
親や兄弟という、何にも代えがたい大切なものを失ったとき、新しい家族に囲まれていれば何とかやっていけるだろうと、僕は想像する。



「彼」には奥様とお子様がいると聞いている。
きっと家族に支えられながら日常に戻り、また、優しくてユーモラスで聡明な文章を書き始めてくれるだろう。

僕はいずれ近いうちに彼と直接会って、他愛もない冗談を言い合ったりしたいと思っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ