前回のエントリーでビートルズに触れたので、ついでに少し。


私は自分の結婚式でビートルズの「In my life」を使わせてもらったのですが、この曲は今でもとても好きな曲の一つです。

“Some are dead and some are living. In my life I love them all.”

という歌詞が、人との関わりの中で生きてきたことを思い出させ、穏やかな気持ちにさせてくれます。
特に、19歳でこの世を去った、私と妻の共通の友人は、私と妻の人生を変えてくれました。この歌を聞くと彼を思い出します。


ポールの曲の中では「Put it there」が特に好きです。

“Put it there , if it weights a ton,
That’s what the father said to his young son.
I don’t care , if it weights a ton,
As long as you and I are here , put it there
Long as you and I are here , put it there”

何かと抱えすぎてつらくなった時、この曲をよく口ずさみました。
「荷物が重いときは、降ろせばいいんだよ」
素敵な言葉です。


ジョンの数ある名曲の中では「(Just like)Starting over」が特に好きな曲ですね。

“Our life together is so precious together
We have grown , we have grown
Although our love is still special
Let’s take a chance and fly away somewhere alone”

「We have grown」と繰り返されると、胸が切なくなります。

もちろん彼らの歌は、歌詞だけでなくメロディも美しくて、その魅力も大きいのですが、今回は歌詞に絞って書いてみました。


現在30代から50代の人たちで音楽が好きな人は大抵、ビートルズに関して一家言持っているもので、好きな曲を聞くとそれぞれの好きな曲とその曲に対する思い入れについて語ってくれるので、とても面白いものです。

皆さんが好きな曲は、何でしょう?
気になります。